PR

シンガポールの旧正月に飾る植物エトセトラ

フラワー

丈の高い猫柳、門松の様なキンカンの鉢植えに、赤と黄色のケイトウの鉢植え。

旧正月の風物詩です。
モールやお店で飾りつけが始まると、旧正月が近づいてきた証拠です。

スポンサーリンク

旧正月に飾る植物たち

2022年のシンガポールの旧正月は、2月1日と2日です。

 

旧正月を迎える準備が進んでいますが、前回はお菓子を紹介しました。

パンがない!? 旧正月前のパン屋さんはお菓子祭り
トゥ パンが一つも無いわ・・ 旧正月(CNY)のタイミングでは、特にローカルパン屋さんの様子が一変します。 買おうと思ったものが買えずとも、新たな面白い経験が出来ます。 パンが買えませんでした ホーカーセンター(屋台街)に入っているパン屋さ...

 

今回は植物

クリスマスが終わって、年が明けると目に入ってくるのが、旧正月用の植物です。

しかも1つではなく、いくつも。
よく見るものを、4つ・・・おまけが加わって、全部で5つ紹介します。

猫柳(Pussy Willows)

春の訪れを告げる植物、猫柳

毛皮の様なフワフワした蕾をつけます。

 

蕾が沢山付くところから、成長と繁栄を象徴し、旧正月の飾りとして人気です。
自然の蕾の色は、白やグレーですが、様々な色加工が加えられて売っています。
枝の長さは2m近く。持ち帰るのが一苦労です。

 

お手入れは、週に2度ほどの水交換
蕾が萎れることも無いので、旧正月をお祝いする間(2月いっぱい)、楽しめます。

この枝の使い方ですが、そのままではなく、可愛くておめでたいオーナメントで飾り付けするんです。

幸運の竹(Luckey Bamboo)

幸運の竹は、旧正月にもちろん人気です。

竹は、中国では強さの象徴
室内の鑑賞用として、初心者でも手入れが簡単で、持ち運びがラクなのも人気の理由でしょうか。

鉢に入る竹の本数にも意味があり、2本は愛の表現7本は健康を表すと言われているそう。
さらなる運気アップを狙って、赤いリボンや金のオーナメントで飾り付けします。

ケイトウ(Celosia Plume)

ケイトウ(鶏頭)の鮮やかな色とその形は、雄鶏のとさかに似ており、中国語では「鸡冠花」と呼ばれています。

「鸡」「酉」を意味し、中国語の「吉」と韻を踏んでいることから、中国文化では鶏は縁起が良いとされているそうです。
それ以外にも、夜明けと共に鳴くことで邪気を払う力があると、信じられていたりするらしいです。

幸運と繁栄の証として、好まれる花の一つです。

 

シンガポールの旧正月でよく見かけるケイトウは、筆の先の様な花(セロシア・プルーム)が多いです。
ケイトウは何種類かのグループに分かれており、これは、羽毛ゲイトウグループになります。

花穂の形が、鳳凰の尾のように見えることから、中国文化圏で親しまれているそうです。
そもそも、色もめでたいですし。

 

旧正月の飾り方は、鉢植えの状態で利用されます。

鉢植えなので、水やりさえしっかりできれば、長期間楽しめます。

キンカン(Kumquat・Mandarins・tangerines)

オレンジ全般、富と幸運をもたらす縁起の良いものと考えられています。

キンカンマンダリンオレンジも、中国語の縁起のいい言葉と似た響きがあると共に、見た目も金貨を沢山つけている木の様で縁起物となっています。

キンカンの鉢植えを玄関の近くに置くと、そこに足を踏み入れたときに幸運を呼び込むと信じられており、また、色も気持ちを明るくします。

そんなことで、日本の門松もしくはクリスマスのクリスマスツリーの様に、この季節には欠かせないものの一つです。

 

これらの植物を飾った結果、最終的にこの様な状況になります。

こんなのも(金のなる木)

オーチャードの高島屋に入っている花屋さんで、見かけました。

金のなる木

こちらでは、ヒスイの木(Jade Plant)と呼ばれています。

葉は肉厚で楕円形、まるでコインの様です。
鮮やかな色は絶え間ない成長と高価なヒスイを連想させ、繁栄と幸運を象徴する植物です。

水分を多く必要とせず、長持ちします。

 

同じ花屋さんにあった、また別なフラワーアレンジメント。


日本ではちょっと見たことない(笑)、こんなにお金のオブジェを使ったアレンジ。

 

参考:

Your guide to auspicious Chinese New Year flowers and fruits
Everything you need to know about lucky flowers and fruits come Chinese New Year

我が家の飾り

我が家の飾り付けは、猫柳にしました。
近所にあるIKEAで、大量に販売されているのです。

トラのオーナメントとピンクの猫柳を買い、花瓶へ。

トゥ
トゥ

ん、何だかスカスカ!?

猫柳10本では、ボリューム不足でした。
IKEAへ再び出かけて、もう1束買ってきました。
お店が近所で助かりました。

この猫柳、今から旧正月の期間中、2月末まで水換えだけで楽しめると思います。

 

皆様は、花瓶のサイズに合った本数を購入してください!

IKEAでは、2m近くある猫柳を、10本 S$8.9(800円弱)で購入できます。
旧正月の前は、品数も色も少なくなるので、買うなら今です。

 

 

去年は植物について、こんなことを書いていました。

シンガポールの旧正月準備はラストスパート
シンガポールの旧正月準備、大詰めです。 今年のシンガポールの旧正月は2月12日、13日。 以前、パイナップルとオレンジの話題を投稿しましたが、それ以外の旧正月の準備風景についても紹介します。 コロナ禍の今年は、例年と比べるとだいぶ静かなのだ...
フラワー
スポンサーリンク
Twinkleをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました