ウエットマーケットでお買い物して冷蔵庫まで 食中毒に注意

シンガポール生活

週に2回ほど、ウエットマーケット(市場)でお買い物をしています。

その様子は何度か紹介しましたが、今回は、ある日のお買い物の様子を紹介してみようと思います。

その後、買ってきた食材は冷蔵庫へ。
注意していることといえば、カンピロバクター菌による食中毒です。

ウエットマーケットへ向かう

公道をほとんど通らずに、近所のウエットマーケットへ向かいます。

ウエットマーケット(市場)への道
シンガポールでは、Googleマップには道路として表示されていませんが、通って大丈夫な場所があります。HDB(公共団地)の敷地内です。ウエットマーケット(市場)へ出かける時は、HDBの歩道を利用させてもらっています。何と言っても、ショートカ...

 


(Mei Ling Market & Food Centre)

 

現在のシンガポールは、漁港で発生したコロナクラスターを機に、フェーズ2と呼ばれる厳しい行動制限が敷かれた環境下にあります。

そのタイミングで、これまで施設への入場チェック(セーフエントリー)が不要だった、ウエットマーケットやホーカーセンター(食堂街)についても、濃厚接触者追跡アプリを使ったセーフエントリーが必須となりました。
(壁で遮られる部分が少ない建物が多く、密になる環境ではないので、これまで、特に規制はありませんでした)

 

どこからでも入りたい放題の施設でしたが、ネットで全て囲まれてしまい、入り口は一箇所に。

野菜を購入

野菜は、必要なものを必要な分だけ、自分でカゴに取り分けるスタイルです。

料金は野菜ごとに、重さで決まります。
ここのお店は値札が無いので、お店のおじさんの言いなりですが、ボッタクリなどは無いです。

 

玉ねぎとじゃがいもが買いたい。きゅうりにインゲン豆、青菜もカゴに入れます。

 

おじさんに渡して、料金を計算してもらいます。

チー カイ

中国語で7ドル(560円)と言われました。
10ドル渡して、お釣りと荷物を受け取り、

トゥ
トゥ

シエシエ(ありがとう)

英語より中国語の方が、親近感が出る気がします。
最初の挨拶も、「モーニング」より「ザオアン」(中国語のおはよう)を使ったりしています。

野菜の多くはこちらで買いますが、品物が無かったりあまり良く無い場合は、別なお店で購入します。

卵も買います

卵は、どのウエットマーケットでも専門のお店があります。
卵は「SG」マーク(シンガポールで生産)のついたものを買う様にしているのですが、この日はマークがついていません。

一つだけ買うことにし、SG産の卵は無いのか聞いてみました。

今日は入ってきていないの。
Have a nice day. Take care!
(良い1日を。またね。)

トゥ
トゥ

You, too.

次回来たときにSG産が売っていれば、多めに買いましょう。

シンガポールで卵を選ぶ
黄身の色が薄いのは何故かしら?シンガポールで、卵を割るたびに思っていました。そして、種類もたくさんあって、何をどう選ぶのがいいのか、迷います。最近になって、やっとわかってきました。今のところは、国産の卵を買えたらいいなと思っているところです...

 

この日のお昼は、久しぶりにカレーです。
その為に、玉ねぎとじゃがいもを買ってきたので。

鶏胸肉ではなく、もも肉が欲しい

今週2回目のウエットマーケットでは、鶏もも肉を買う予定です。

いつも、このご夫婦のところから買っています。

 

10時頃(遅い・・)だったので、品薄です。
胸肉と鶏1羽そのままは売っていますが、モモがありません。

諦めようとしたところ、鶏さん2羽から足をカットしてくれました。
鮮度は間違いないです・・。

No bone?

今では何も言わずとも、骨をとってくれます。
一枚150g程度の鶏もも肉、4枚で8ドル(640円)

本日の夕食は、鶏もも肉を塩こしょうしてオリーブオイルで焼いただけ。

食品衛生には気を付けています

お肉やお魚は、衛生面が気になります。

特に、鶏肉は気をつけるようにしています。
鶏肉で発生する食中毒は主に、カンピロバクター菌によるものです。

 

カンピロバクター菌の特徴です。

  • 家畜などの消化器官内に存在する菌
  • 特に鳥が多く保菌
  • 少ない菌量で人に感染する(2〜5日後から発症。下痢・腹痛・発熱など)
  • 加熱調理により死滅

 

日本では、鶏肉の水洗いによるカンピロバクターの飛び散りを防ぐために、水洗いせず、ペーパーなどで汁を拭うようにと言われています。

が、マーケットで扱っている様子を見ると、洗いたいわけです。
マーケットから帰ってきたら、お肉を水で洗い、水分を拭き取った後、ラップをして冷凍または冷蔵しています。
下味調理をする場合も、このタイミングでできるだけやるようにしています。

 

生の鶏肉を扱った後は、まな板やシンク、手と、しっかり洗って流しています。
調理もしっかり加熱しています。

 

 

東京都で発生した食中毒については、東京都の保健所が運営する「食品衛生の窓」にその情報がまとめられています。

令和2年の、東京都で発生したカンピロバクター食中毒の件数は 21件、患者数は 177人でした。

 

食中毒の原因となる菌やウィルスは沢山あるので、一年中暑く、植物もですが菌も繁殖し易いシンガポールでは、特に注意すべきことかなと思い、生活しています。

タイトルとURLをコピーしました