PR

食べたいものを食べるキャンペーン中 我が家の食事事情

シンガポール食

最近、外食率が高まっている我が家。

シンガポール滞在中に、食べたいものを食べましょうキャンペーン(?)中です。

*月に一度 21日頃、我が家の食事事情を記載しています。

スポンサーリンク

【自炊】札幌味噌ラーメンを食べたい

食べたいものを食べましょうキャンペーン中ですが、気軽に食べられないものが。

札幌 味噌ラーメンです。

 

シンガポールにラーメン屋さんは沢山ありますが、豚骨スープが主流です。

博多とんこつラーメンの「一風堂」「一幸舎」
シンガポールでも、人気のあるラーメン店です。

豚骨ラーメンのお店に、味噌味もありますが、札幌の味噌ラーメンとは違う

こうなれば、自分で・・と、家でも簡単に作れる麺で、試しています。

 

シンガポールのドンドンドンキで購入した、「棒ラーメン」の味噌、2種類。

オレンジの袋の方(下)は、スープが粉末だったので、ちょっと残念。
マルタイの方(上)は、リピ有りです。

 

お手軽なのは、「マルちゃん正麺」の味噌

Redmart(ローカルネットスーパー)で購入しています。
5袋入りが、日本の約1.5倍の値段です。
麺が、普通のインスタントとは違って、美味しい。

 

「札幌けやき」は、流石のスープ。

購入は明治屋です。
生麺よりは日持ちがするけれども、乾麺より消費期限は短い寒干タイプというものです。
常温保存が可能なので、扱いやすいです。

1食分でマルちゃん正麺の半分くらい、のお値段でした。

明治屋には、これ以外にも、生麺タイプのラーメンが冷凍で複数売られていました。

【テイクアウト】ホーファン(河粉)は人気麺料理の一つ

シンガポールではよく食べられている、麺料理の一つが、ホーファン(河粉:ホーフン)

 

日本ではほとんど聞いたことありませんでしたが、米粉で出来た平たくて太い麺です。
(ちなみに、ビーフンは米粉で出来た細麺)

ホーファンは、平たい見た目だけでなく、あんかけの状態で提供されることも特徴の一つ。

Hor Fun Premium

ホーカーセンターに入っているホーファン専門店、Hor Fun Premium

いつも行列が出来ています。

(ビーフとミックス)

(このような麺が入っています。)

Keng Eng Kee Seafood

シンガポールに来て、初めて食べたホーファンが、Keng Eng Kee Seafood

(Signature Moonlight Horfun(月光河粉)S$7.8)

茶色です。
具材を片栗粉を溶いたあんで調理しているので、味もしっかり絡んでいます。

Hong Kong Street Chun Kee

我が家が贔屓(?)にしているホーファンは、Hong Kong Street Chun Kee(香港街珍記)

(San Lao Hor Fun S$6)

クセがなく、味がしっかりしていて、最後まで美味しく食べてれます。

Shi Hui Yuan Hor Fun Specialty

ミシュランのビブグルマン(安くて美味しいお店の称号)を何度も獲得している、ホーカーセンターのホーファン。
Shi Hui Yuan Hor Fun Specialty

 

Beef Hor Fun (S$6)

 

八角などの中華香辛料が多く入っているので、味の好みはあると思いますが、ビーフがとにかく柔らかい

【外食】インパクトのあるパスタを食べたのは、TCC

インスタ映えを狙いつつ、ゆっくりランチなら「TCC」を選択するのも有りです。

飲み物のバリエーションが多いです。


(ピンクは、レッドドラゴンフィズ S$7.8++ )

 

ソースが美味しかったのは、ソフトシェルクラブが丸ごと乗っかったパスタ

(ホワイトペッパーとソフトシェル・クラブパスタ S$20.8++)

ピリリと辛いのは白胡椒
見た目のインパクトで、注文するのが躊躇われますが、頼んでみたら、とても美味しかったです。

 

パン好きの私は、バーガー&サンドイッチからメニューを選択。

(ステーキとエッグベネディクトS$19.8++)

下には、イングリッシュマフィンのフレンチトーストが敷かれています。
フレンチトーストは、衣をしっかり付けて、揚げたような感じ。

間に挟まれている、和牛のハンバーグと、小さくカットしたステーキが、結構な存在感です。

 

ワッフルも注文してみました。

(焼きチキンとチーズワッフル S$19++)

チキンは、カツ風に調理されており、とても香ばしい。
チーズワッフルも、塩加減がちょうど良くて、チキンカツとの相性は👍。
付け合わせのポテトも美味しかったです。

ランチ2人で、メニュー一品づつに飲み物を付けて、税金(7%)とサービス料(10%)合わせて約S$65(5,000円ちょっと)程度。

 

毎日ここでランチという訳にはいきませんが、

  • それほど混雑しておらず
  • 座席にゆとりがあり
  • サービスがしっかり(サーブするお水は氷入りがいいか、暖かい方がいいか聞かれます)
  • ソフトシェルクラブのパスタが美味しかった

などから、時々利用しています。

 

前回の我が家の食事事情は↓

インド料理の魅惑ココナツエビカレー 我が家の食事事情
ワクチン接種済みの2人まで。 シンガポールは、新型コロナ対策で、外食にこの制限を設けています。 お店の方は、テーブルは埋まっているものの、お客の数は少なく、経営者にとっては苦しい状況が続いています。 この制限が、少し緩和されます。 11月2...
シンガポール食
スポンサーリンク
Twinkleをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました