PR

シンガポールから蘭(ラン)の花を日本に送る

フラワー

ランの花を日本に送ることにしました!

日本への花の宅配サービスを行っている業者は複数ありましたが、「ブンガチャンテ」というラン専門のお店でお願いしました。

結果、新鮮で綺麗な花が届いたようです。

トゥ
トゥ

とりあえず、一安心

スポンサーリンク

ランの花を送りたい

シンガポールの国花は(バンダ・ミス・ジョアキム)

そんな国にいる間に、一度日本にランを送りたいと思っていました。

 

はるか昔、タイ旅行でランの花の箱詰めを貰い、空港で植物検疫を受け持ち帰った事があるのです。(植物検疫は、花を見せるだけで簡単でした。)

結構大きな箱に詰められ、1日以上その状態で持ち帰ったのに、綺麗で楽しめた記憶がありました。

 

夫

送ってみたら?

と、言ってもらったのもあり、日本にいる両親に送ることにしました。
(母の日は過ぎておりますが・・💦)

どの業者にお願いするか

ネットで調べると、ランの宅配サービスをやっている業者がいくつか出てきました。

その中でも以下、二つのどちらかが良さそう。

ブンガチャンテ
40年近く、日本へのラン配送を手掛けています。
配送のタイミングは週に一度

郵船トラベルシンガポール
宅配に関しては信頼が置けます。
ランの花の他に、フレッシュイエローマンゴーと冷凍トロピカルフルーツの宅配申し込みもあります。
配送のタイミングは週に三度

どちらも、ランの種類や色の指定はできません。(ミックスでお任せ)
そして、数十本から100本まで配送が可能です。

 

結局、今回の目的は「ランの花」なので、花に強い「ブンガチャンテ 」に決めました。
送る本数は、50本。本数の違いによる値段の差はそれほど大きく無いので、本数が多い方が割安感がありました。
あとは、シンガポールの方程式、高い=良いもの に忠実に。

申し込みと配送スケジュール

申し込みは、オンライン代理店店頭での申し込みができます。

  • オンライン申し込み
    支払いはチェック(小切手)の郵送または、口座振り込み
  • 代理店申し込み
    明治屋グレートワールド店・ミレニアウォーク店と伊勢丹スコッツ店が代理店。カードでの支払い可。
    (申し込み用紙はインフォメーションカウンターにあります)

私は明治屋のインフォメーションカウンターで申し込みしました。

  1. 申し込み用紙に日本語で「差出人」・「受取人」を記入
  2. 用途欄の該当するものを選択(母の日・誕生日・お歳暮・クリスマス・お正月)
  3. 必要があれば、通信欄へも記入

 

ちなみに<料金>はこのようになっています。

  • 15本入りmix S$90.00
  • 20本入りmix S$110.00
  • 30本入りmix S$130.00
  • 50本入りmix S$160.00
  • 100本入りmix S$300.00

日本国内での配送料、税金も込みなので、これ以外の料金はかかりません。

 

<配送スケジュール>

日曜 申し込み締め切り
火曜 シンガポールから発送
木〜土 届け先へ

コロナ禍でしたが、本州へは木曜日午前中、北海道へは1日プラスした、金曜日に届きました。
(日本国内にストックしてある花を配送する場合もあるそうです)

届いた花は?

5種類のランのミックスで届きました。

新鮮なままで届いたよ。

茎の切り口は、水の入ったプラスチックケースに挿してあります。

ダンポールにゆとりがありますが、花は透明なガムテープで固定されています。

数日間この状態ですが、新鮮なままに届いて良かったです。

 

一輪挿しでも、かなり見栄えが♪

 

ランは、茎の下の方まで花が付いているので、バランスを取りながら花瓶に生けるのはなかなか難しいのですが、綺麗に飾ってくれました。

 

以前私がランを花瓶に挿した時も、全く同じ様な見栄えになりました・・。

 

トゥ
トゥ

血筋のせい!?
それとも、
ランの花は誰がやってもこうなるのか!?

 

ちなみに、配送に使われたダンポールはかなりな大きさでした。

 

 

日本国内でお花を調達するのに困っていたらこちら。

新鮮さと低価格を実現させたお花の定期便です♪
大田市場の仲卸さんがその月に最も旬な花をセレクトし、市場からそのまま発送。

  • 買いに行く時間がない
  • 近くに花屋が無い
  • どんな花を買って良いかわからない

そんな人に花を届けてくれるサービスです。

【タウンライフマルシェ】

フラワー
スポンサーリンク
Twinkleをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました